フィンテック、金融システムを全ての人へ

私たちが暮らしていく上で、金融サービスへのアクセスは必ずなくてはならないものです。そんな金融サービスをITの力で変革しようとする動きが活発になっています。このようなテクノロジーのことをフィンテックと呼びますが、データサイエンスの発展とともに、伝統的な金融システムを丸ごと変革しようとしています。今回はフィンテックとそれがもたらす金融包摂について解説します。

金融とITの融合

フィンテックとは金融とテクノロジーが融合する分野で発達しています。では、そもそもフィンテックとは何でしょうか?

フィンテックとは

フィンテックはアメリカ発祥の概念で「FinTech」と書かれます。Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、フィンテックの特徴をよくとらえている言葉ですね。
この背景には、ビッグデータやそれを扱うためのデータサイエンスが進展したということがあげられます。データサイエンスを金融サービスへ応用することで、革新的なサービスを開発したり、サービスの改善を行ったりということが可能になります。

金融サービスというのは、銀行や投資ファンドなど決まったプレイヤーによって提供されていました。また、強力な規制によって新規参入やイノベーションが難しい業界でもありました。そんな硬直化した業界をIT技術を活用して変革しようという心意気が、フィンテックの根底には流れているのです。

また、IT技術を活用することで、金融サービスへのアクセスコストが下がったり、大規模なインフラが必要なくなったりといったことが可能になります。これは、金融アクセスから取り残されてしまった人々にとっても大きな意味があります。

フィンテックの例

フィンテック関連の事例は主にベンチャー企業が中心となっており、様々なサービスが日々生み出されています。

例えば、会計・家計管理の支援サービスは、多くの人によって利用されているサービスでしょう。スマホでいくら使ったのかを記録しそれをわかりやすい形でグラフにしてくれるといったことを通して支援してくれます。

ネットバンクやネット証券などもフィンテックを語る上で外せません。銀行にしろ、証券会社にしろ、これまでは大きな建物があったり、人手が必要であったりととにかく運営にコストがかかりました。しかし、ネット上で運営することでこれらのコストを削減しより低いコストで運営できるようになります。また、ネットにつながる環境さえあれば、これらの金融サービスにアクセスできるようにもなります。

仮想通貨も特徴的な例です。ビットコインによって有名になりましたが、実は電子マネーやポイントなども広い意味では仮想通貨にあたります。仮想通貨は、円やドルのような伝統的な通貨に代わる通貨として注目を集めており、伝統的な通貨の流通が行き届いていないところでは威力を発揮するでしょう。

いづれにしても、よりよいサービスを開発したり改善したりするためにも、発生する大量のデータを活用して価値を引き出す必要があることは間違いありません。

全ての人を金融システムに-金融包摂

フィンテックがこれまで金融サービスを十分に受けられていない人々にとっても大きな意味があるとすでに述べましたが、その点について詳しく解説します。

約25億人が金融サービスを受けられていない

Financial Access Initiativeという組織が、全世界で金融にアクセスできない成人の数はおおよそ25億人存在すると推計を発表しています。これは働ける人口の約半分が正式な金融サービスを受けられていないことを表しています。

日本にいると、銀行で口座を開いてお金を預けたり、投資をしたりといったことは自由にかつ確実に行えます。しかし、発展途上国や極端に過疎な地域では、このようなサービスが受けられない人々が多くいるのです。

理由は、非常に複雑ですが、貧困がその一つでしょう。また加えて金融に関わる知識を持っておらず知識不足のせいでちゃんとしたサービスを受けられないといったことも起こると考えられます。

金融包摂とは

世界銀行は「すべての人々が、経済活動のチャンスを捉えるため、また経済的に不安定な状況を軽減するために必要とされる金融サービスにアクセスでき、またそれを利用できる状況」と金融包摂を定義しています。

金融包摂は、Financial Inclusionの訳であり、貧困や金融教育の不足によって正規の金融サービスを受けられていない人々を金融システムに取り込もうとする概念を指します。

フィンテックが金融包摂を促進する理由

フィンテックがなぜ金融包摂を促進するのかについては3点挙げられます。

1, コストが低減できるから
フィンテックは大規模なインフラや人手を削減することができるので、コストの削減を可能にします。これによって、システム自体の維持にかかるコストも削減できます。このようにコストが下がることで、これまでアクセスが難しかった低所得者でも、金融サービスを受けられるようになります。

2, 展開が速いから
大規模なインフラがいらないことで、迅速なサービスの展開が可能になります。サービス展開が早くなることで、必要なだけのサービスを必要なところにすぐに届けられます。

3, 新たな金融システムを作るから
フィンテックの一例として、仮想通貨を挙げましたが、まさにこれが金融システムを根本から変えようとしています。伝統的な金融システムでは十分なサービスを受けることができなかった人々でも、仮想通貨であれば預金・送金・消費などが可能になるとされています。

まとめ

最近では多くの人々がスマホを持ち、インターネットを利用しています。この流れは途上国でも例外ではありません。
この現象は裏を返せば活用できるデータが爆発的に増えるということでもあります。

データサイエンスでこのようなデータを活用し金融サービスへ応用することで、金融包摂を進めていくことができます。これはフィンテックの潜在的な能力の一つであり、今後も発展が見込める分野でもあります。